本文へスキップ

 お人形のくにはドール、雑貨、ぬいぐるみがメインのお人形屋さん(DOLL SHOP)です。

作品詳細item detail

商品番号:erb001
(Earhart's rubbish Factory)
 「アイムーバー」


design,text,photo Copyright(c)Earhart's rubbish Factory All Rights reserved.
スーパードルフィー,ドルフィードリーム:創作造形(C)ボークス・造形村
オビツ50(C)オビツ製作所

キットのみ 2.980円[税込]
+取り付けサービス(任意) 工賃980円[税込]+往復送料

↓ご注文の際はこちらからお願いします↓

残り: バリエーション別の在庫状況
タイプ:
取り付けサービス:
数量:


アイムーバー
(1/3ドールサイズ)

アイムーバーって?

アイムーバーは、ドールアイの視線を、ヘッド蓋やウィッグを外すことなく、
自由に動かせるようにするキット、および、取り付けまでを含めたサービスのパッケージです。
具体的には、ドールヘッドの中にセットするキットで、先端にシリコンがついた棒(付属品)で視線を動かします

まずはどんなことができるのか、次の動画を見てみてください (2m28s)

アイムーバーで、できること


この他にも、次のメリットがあります

1.ドールアイを回転させて、裏表2色の瞳色スイッチ(リバーシブルアイ)やお手軽に気分次第でオッドアイにできる (必要条件あり)

2.ドールアイを気楽にぽいぽい取り替えられる


1.、および2.につきましては、どういうわけでそうなるのか、下の図解をご覧下さい



要するに、アイを固定しないので、蓋を外してぽいぽい入れ替えることができるのと、アクリルラウンドタイプであれば、
2つのアイをニコイチにして一回転させると裏の瞳が出てくる寸法です(リバーシブルアイ)
リバーシブルアイの必要条件は、キットで許容しているサイズよりも使用するアイが2mm小さいことと、グラスアイではないことです
もちろん、リバーシブルアイにしない、ただ視線移動のみであれば、グラスアイでもぜんぜん大丈夫です

アイムーバーの種類

アイムーバーには、以下4つのラインナップがあります(どれもお値段は同じです)

Sキット:ボークスDD/MDD、オビツ他、ソフビ系ヘッド用 想定最大使用アイサイズ22mm用 (アイの加工で24mmも可能)

Cキット22:ボークスSD/MSD/幼SD、その他キャストドール、創作人形用 想定最大使用アイサイズ22mm用 (アイの加工で24mmも可能)

Cキット18:ボークスSD/MSD/幼SD、その他キャストドール、創作人形用 想定最大使用アイサイズ18mm用

Cキット16:ボークスSD/MSD/幼SD、その他キャストドール、創作人形用 想定最大使用アイサイズ16mm用

なぜ小さいキットがあるのかというと、ヘッドが小型の場合、キットも小さい必要があるためです

キットチョイスの目安

キットは、使用するドールアイのサイズよりも、ヘッドが許容できるサイズを目安にしてください
まず、ソフビ系ホビードールヘッド (DD、オビツなど)の場合は、Sキット一択となります
問題はSD/MSD/幼SDやその他海外製のキャストドール、創作人形など、Cキットの三種類です

アイサイズの限界が大きくても、下位互換性があるため、小さなドールアイを使用できます
ではなぜCキットが三種類あるのかというと、キットに必要なヘッド内スペースが、キャストドール系では様々だからです
目安としては、Cキットには下記のスペースが必要になります

Cキット22:ヘッド内のこめかみ-こめかみ間のスペースが50mm以上

Cキット18:ヘッド内のこめかみ-こめかみ間のスペースが40mm以上

Cキット16:ヘッド内のこめかみ-こめかみ間のスペースが36mm以上

例 (Cキット22)

とはいえ、取り付けるときにいろいろやれば、無理矢理押し込めることも可能ですので、
ご注文時にメールフォームにてご相談いただけましたら、最適のキットをお知らせします
また、キャストドールの場合、そもそもが肉厚で頑丈な造りになっているので、内部を削って押し込めることもできます

取り付けの方法

取り付けるに際しては、詳細な取扱説明書を用意しておりますので、それを参考にしていただくこととなります
とはいえ自分で出来るかどうかわからないモノに手を出すのは怖いとお察し申し上げますので、
オビツヘッドにSキットを取り付けた際の動画をご用意させていただきました
これを目安に、取り付けサービスを利用するか、自身にて取り付けにチャレンジしてみるか御判断下さい

取り付け実演動画 (Sキット、オビツ編)


取り付けるとき、アイムーバーのパーツをいろいろカットしていくのですが、切りすぎてしまってキットを壊すのが心配、という方はご安心ください
お買い上げいただいた方には、破損したパーツを無料にて提供させていただくアフターフォローを行っております(送料のみ、一回80円)

また、自分でやってみたけれど、どうもうまくいかない、という場合には、ヘッドとキットをご送付いただけましたら、
+980円にて、取り付けまでを含めたサービスのパッケージに変更可能です

24mmサイズアイの使用方法

Sキット、Cキット22とも、想定しているアイサイズの上限は22mmですが、24mmのアイを使用することもできます
ヘッド内部のスペースはどうにもならないので、アイそのものの横幅を削ってしまうという方法で、下図のようにアイを加工する必要があります

 
両目だとこんな具合です 


身体を服に合わせる的な感じです

取り付けパッケージでお買い上げいただいた場合は、これらの作業は当方で行い、追加料金は発生いたしません

キットの外観、および免責事項

キットの外観は、おおむね下図のような感じです


SキットとCキットでは、筒の形状が異なっています (写真はCキット)

しかし、キットの色、および形状は、コストカットのために原材料を替えたり、小さなバージョンアップをしているため、予告無く変更することがあります

また、キットはゴム型にレジンキャストを流し込んで製造しているため、気泡や不揃い、バリなどが発生しますが
「ドールアイを動かす」という機能上問題ないものについては、そのまま出荷させていただいております
この点、大手メーカーによる大量生産品とは異なる、あくまでガレージキットであることをご理解のうえ、ご了承下さい
(ただし、作動上問題が発生した場合、およびこちらの出荷ミスで不備があった場合は、送料、パーツ代無料にて、至急、代替パーツを送付させていただきます)

とどのつまりは

「Earhart's rubbish factory」におけるモットー「こんなんできる?」に従って、
「こんなヘッドだけど大丈夫?」「こういうのはアリ?」など、お気軽にお問い合わせください
視線が動くまでがお仕事です

ドールヘッドには、同じメーカーですらいろいろな種類があり、ドールアイも様々です
一律に「絶対確実に適合します」というキットを出していたらきりがありませんので、
弊社といたしましては「おおむね大丈夫」というキットを生産し、お客様へのアフターケアを万全に行うことでコストカットを計っております
ゆえに、料金をいただきましたら発送しておしまい、ではなく、無事お客様の人形の視線が動くまでが料金内のお仕事として認識しておりますので、ご安心いただければ幸いです。


※こちらはEarhart's rubbish Factory様の許可の元「http://erf-hobby.com/eyemover/eyemover.htm」より転載させて頂いております。
※Earhart's rubbish Factory様へのお問い合わせ先(お問い合わせフォームが開きます):http://erf-hobby.com/generalmail.htm


design,text,photo Copyright(c)Earhart's rubbish Factory All Rights reserved.
スーパードルフィー,ドルフィードリーム:創作造形(C)ボークス・造形村
オビツ50(C)オビツ製作所

この作品について

サイズ 1/3ドールサイズ対応(SD,DD,オビツ50など)
セット内容
[色・素材など]
キット単品(+オプションで取り付け作業追加可能)
価格 2.980円(税込)(+取り付けサービス(任意) 工賃980円[税込]+往復送料)
ディーラー Earhart's rubbish Factory
その他

Earhart's rubbish Factory様サイト:http://erf-hobby.com/erf-hobby.htm
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCNgP184ulZXO5lX8dKSOUEw
twitter:https://twitter.com/neichi_ia



http://oningyou-kuni.com

Slinky Neko:(C)Slinky Neko.Chesca
スーパードルフィー,ドルフィードリーム:創作造形(C)ボークス・造形村
おでこちゃん・ニッキ:コピーライト 原型師 川本有里佳 [澤田工房]ペットワークス
うさぎぃ、くまボーロ、ジョシィ(C)Pet Works
- 「momoko」および「桃」アイコンは株式会社ペットワークスの商標です
リカちゃん(C)TOMY
トイズフィールド© ToysField. Katsutoshi Otsuka
プーリップ©cheonsang cheonha.All Rights Reserved
ブライス:Blythe Character c2001 Hasbro,inc.All rights reserved.Photograph cGina Garan-CWC
Blythe Character licensee rights for Asia cCross World Connections,Ltd.1-6,3F Daikanyama-cho,Shibuya-ku,Tokyo,150-0034 Japan
Tel:81-3-3496-0745 www.Blythedoll.com blithe@cwctokyo.Com Manufactured and distributed by Takara, CO.
Living Dead Dolls Copyright: Mezco, LLC
<※お人形のくにではドールの製造は一切行っておりません。委託作家様のアウトフィットモデルとして使用させて頂いておりますドールは全て各メーカー様の正規商品です>